CATEGORY ESTATE

グリーン住宅ポイントについて

こんにちは!


ハコリノベの野口です。


今日は不動産の購入とリノベーションをご検討されている方に、耳寄りな情報をお伝えさせていただきます!


昨年12月15日に政府が閣議決定した「グリーン住宅ポイント」という制度のご紹介になります。


既に耳にされている方もいらっしゃるかもしれませんが、”物件の購入+リノベ”をお考えの方向けに内容を要約してご説明させていただきます。


この制度は、以前にも何回か行った住宅ポイントと同様の内容になりますが、今回はコロナにより落ち込んだ経済の回復を図る目的もあるそうです。


対象のリフォーム工事を行うことによりポイントが発行され、対象商品と交換できます。また、新しい生活様式に対応した追加工事に充てれる点が新設されています!


では、実際どのような方が対象で、どのような流れになるのでしょうか。


対象者は、令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結したリフォーム工事や住宅の購入者が対象になります。

ここでは期間中に不動産の契約をした方も対象に含まれますが、工事の規模(1000万円を超えるかどうか)により工事完了報告の締め切り期間が変わるため注意が必要です。


不動産をご購入されて1000万円以上の全面改装工事を希望される場合は、9月には物件のご契約をしなければ間に合わない可能性が高いです。



上記の様な流れになります。


また今回のグリーン住宅ポイントで、前回までの内容とは違った部分として、


・東京圏(東京・埼玉・千葉・神奈川県)から移住される方


・災害リスクが高い区域から移住される方


これらの対象者には別途30万ポイントが支給されます。


その他リフォームの内容に対してポイントが発行されることになります。


細かいポイントの配分は国交省のHPをご覧頂ければと思います。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000181.html


今回は最低限のポイント数が指定されており、対象リフォーム5万ポイント以上で申請ができるようになっています。


2つのご家庭で例を挙げてみます。


①ご夫婦(35歳)のみ、物件購入+リフォーム 広さ48㎡、工事費300万円(内容:お風呂の入替、リビング内窓2箇所取付、内装工事)の場合

↓獲得ポイント↓

高断熱浴槽 24,000P

節湯水栓 4,000P

段差解消 6,000P

内窓2箇所 40,000P

物件購入加算分(上記ポイントと同P) 74,000P


合計148,000P


148000ポイント分の商品、もしくは追加工事に使用可能になります。


②ご夫婦(45歳)、お子様(14歳)、物件購入+リフォーム 広さ70㎡、工事費1100万円(内容:水周り入替、外壁全面断熱工事、間取変更、内装工事)、土砂災害特別警戒区域から移住の場合

↓獲得ポイント↓

高断熱浴槽 24,000P

節水型トイレ 16,000P

節湯水栓 4,000P

外壁断熱工事 100,000P

段差解消 6,000P

物件購入加算分(上記ポイントと同P) 150,000P

災害リスクの高い区域からの移住 300,000P


合計600,000P


600,000ポイント分の商品、もしくは追加工事に使用可能になります。


一例ですが、不動産の購入が絡むとポイント数が約2倍近く増えます。


今週事務局が開設されたばかりの状況なので、これから軽微な変更はあるかもしれませんが、大きな内容としては上記の通りかなと思います。


コロナにより大きな買い物を控えるべきかと思いがちですが、こういう時期の方が税制上の優遇もあり、ある意味「買い時」なのかもしれません。


ハコリノベでは定期的に個別相談会を実施しています。


オンラインでもご相談は可能ですが、まずはお気軽にお問い合わせください。


それでは、また!


ハコリノベ 野口


 


_________________________________________


 


▼▼施工事例▼▼


ハコリノベの事例一覧はこちら >> 施工事例


▼▼EVENT▼▼


見学会情報や相談会はこちら


>> 関西エリアイベント情報

>> 関東エリアイベント情報

 


_________________________________________


資料請求ページはこちら >> Click Here



ご来店問合せはこちら >> Click Here


(ご来店希望日時をコメントにご記入願います!)