CATEGORY ESTATE

意外と忘れがちな諸費用とは?

こんにちは。


今回は物件購入の際に、購入代金以外で必要な諸費用についてまとめてみました。


 


そもそも諸費用とは、物件購入の為にかかるさまざまな費用のことで大きく分けると


住宅ローンに係る費用それ以外に係る費用になります。


住宅ローンに係る費用には、銀行事務手数料や保証料などがあり、


それ以外に係る費用には仲介手数料や火災保険料、印紙代、登記費用、固定資産税や都市計画税などがあります。


 


これら諸費用の目安としては、中古物件の場合には購入価格の10%程度が平均的になります。


仮に2000万円の中古物件を購入し、1000万円のリノベーションをする場合には、


物件2000万円+リノベーション1000万円+諸費用200万円となるので総額3200万円程度を予算の目安として考えておくといいかと思います。


 


物件購入の際には、諸費用も含めて総予算がどれくらい必要になるのかをしっかり確認しながら検討することが大切です。


 


ハコリノベでは、物件購入をご検討されるすべてのお客様に資金計画を作成してご提案させていただくだけでなく、


お金に関するご不安な点があればファイナンシャルプランナーに直接相談していただけるファイナンシャルプランもご用意しております。


 


理想のお住まい探しにおいて、お金の問題は避けては通れないものになります。


少しでも不安なところがあれば、こうした選択肢も有効活用して1つずつ解消しながら進めていただければと思います。


 


_________________________________________


 


▼▼施工事例▼▼


ハコリノベの事例一覧はこちら >> 施工事例


▼▼EVENT▼▼


見学会情報や相談会はこちら


>> 関西エリアイベント情報

>> 関東エリアイベント情報

 


_________________________________________


資料請求ページはこちら >> Click Here



ご来店問合せはこちら >> Click Here


(ご来店希望日時をコメントにご記入願います!)

BACK TO TOP