施工現場を知り尽くす
彼らだから

ハコリノベのディレクターは施工現場を管理するだけでなく初期の打ち合わせからみんなと一緒に家づくりに関わり、現場を知っているから分かる家づくりのアドバイスや、ノウハウを活かしスムーズに家づくりを進めます。 そこから住まう人の声をしっかりと現場の各職人へ届け、細部まで想いの詰まった家づくりを心がけています。

いきとどいた品質には
理由がある

ハコリノベの家づくりは、独自の「施工基準マニュアル」にのっとって施工管理されています。これは母体である株式会社サンリフォームの4万件以上の実績をもとに作られたルールブック。たとえば材料の指定、ビス止めの間隔。どんな細かな工程においても安定したハコリノベ品質が保たれます。

こんなところに心配りを
取り付ける部材によって
ビスを変える

トグルスイッチのプレートには鍋ビス、ヴィンテージの金物にはマイナスネジにする・・など、見映えを意識し細部までこだわります。また、ビスの素材や色も部屋の雰囲気に合わせて使い分けています。

無垢板は1枚1枚検分

色ムラのある古材の床材や無垢フローリングは施工時に実際目で見て1枚1枚検分。節が大きすぎる物や古材に見られるひどい汚れのあるものは排除します。また、仕上がりのバランスを考えながら貼る場所も細かくチェックします。

PARTNERS 家つくりを支える頼もしい仲間たち
FLOW CHART お気に入りのハコができるまで FLOW