WORKS 112

アーチで切り取る

ヴィンテージのデザイナーズマンションを購入し、生まれ育った海外の内装デザインテイストにフルリノベーション。大空間の間には大きな梁と柱が。もとのままではただの梁と柱で、それだけで海外の雰囲気がなくなってしまう…。そこで、その梁と柱を活かしたダイナミックなアーチを造作。キッチン・ダイニングとリビングを視覚的に分ける役割も兼ねています。リビングに入ってすぐの収納にもアーチデザインを取り入れてバランスを。幾何学模様のタイルやデザイン性のあるパーケットフローリングを使用することで故郷の雰囲気を取り入れ、ラグやファブリックが活きるヨーロピアンカジュアルな空間になりました。広めのバルコニーにはデッキ床、リビングにはプロジェクターを設置。ご家族のDIYでさらに素敵な暮らしぶり。

PHOTO GALLERY

360° CAMERA

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

DESIGN PLAN

プラン概要

ヴィンテージのデザイナーズマンションを購入し、生まれ育った海外の内装デザインテイストにフルリノベーション。梁と柱を活かして、視覚的に空間を分ける役割も兼ねたダイナミックなアーチを造作。ご家族のDIYでさらに素敵な暮らしぶり。

before
after
工期
2ヶ月
改装費用
約1275万円
施工面積
92.00㎡
家族構成
夫婦+子ども1人
築年数
38年
所在地
大阪府吹田市
WORKS 112
この事例に登録されているタグ
LIVING・DINING ENTRANCE・HALL KITCHEN SANITARY TILE STORAGE WOOD FLOORING DOOR GREEN INTERIOR WATER TAP
WORKS TAG SEARCH シーンや気になる素材を選んで自分好みを検索 SEARCH
BACK TO TOP