WORKS 077

骨太キッチンが主役の家

ご紹介を頂き、物件仲介からリノベまでをさせて頂きまして拘りの空間を一緒に作ることが出来ました。 動線を重視、使い勝手良く、あとブルックリンスタイルを取り入れたかっこいい空間にしたい! いつも笑顔のご夫婦と楽しい打ち合わせがスタート。 リビングを見渡せるオープンなキッチンは無骨な鉄骨とモルタルを掛け合わせて造作。 窓やドアはモノトーンで引き締めました。 セパレート型にする事でスペースの有効活用と動線も良し。 キッチン横の造作窓の向こうはお子様の遊び部屋。キッチンからも目が届くので安心。 リビングのタイルはホワイトブリックタイルで優しい雰囲気も取り入れて。 額を飾りたい!という要望も取り入れ、拘りの額を。 打ち合わせ中の思い出ともなるスケッチも額へ入れて頂いてます。

PHOTO GALLERY

DESIGN PLAN

プラン概要

before
after
工期
2ヶ月
改装費用
約920万円
施工面積
65㎡
家族構成
ご夫婦+子ども1人
築年数
32年
所在地
大阪府堺市
WORKS 077
この事例に登録されているタグ
LIVING・DINING KITCHEN WOOD SKELETON DOOR SHELF KID'S ROOM
WORKS TAG SEARCH シーンや気になる素材を選んで自分好みを検索 SEARCH