WORKS 072

海を望むリラックスヴィンテージ

海の見えるとても気持ちの良いマンション。 お持ちだった沢山の素敵な家具やポスターがインテリアが似合うおうちにしたいとフルリノベーション。 ワークスペースの内側はあえて、白いエイジング塗装に。 古材の素材感で一体感がありながらも重たくなりすぎず抜け感があります。 足場板の造作扉や、壁一面に貼ったブリックタイルなど、1枚1枚異なるムラや色味のミックスで単調にならず空間に動きが生まれています。 躯体のコンクリートはそのまま見せず、白く塗装をした壁や天井、モルタル、上品な木目のオーク材のフローリングを組み合わせることで、武骨な素材を使いながらも、ラフ過ぎない洗練された印象に仕上がりました。 お施主様が1つ1つ拘って集めてこられた照明器具も、細部まで抜かりなく空間を彩っています。

PHOTO GALLERY

DESIGN PLAN

プラン概要

個々のスペースは最小に、リビングの一角にご主人様のワークスペースと寝るスペースを取り、古材を貼った腰までの壁でLDKとゆるく間仕切りました。

before
after
工期
2ヶ月
改装費用
約906.00万円
施工面積
71.50㎡
家族構成
夫婦
築年数
45年
所在地
神戸市垂水区
WORKS 072
この事例に登録されているタグ
SKELETON PAINTING OLD MATERIAL IRON LIGHTING MORTAR
WORKS TAG SEARCH シーンや気になる素材を選んで自分好みを検索 SEARCH